ポンペンの絵日記

病識がありませんが、おそらく奇異な言動をつづります。異色です。

ポンペンの作った3Dデータを購入する:建物

↑無料です、気が向いたらどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

↑ポチしてくれると励みになります。

11月26日 5年前の日記

おはようございます。ポンペンです。

{img:236.jpg}

↑昨日描いたやつ

今日から幻聴が聴こえ始めた頃から続けているメモを日記に書いていこうかな、と思います。

この頃幻聴の主をA、B、C、D、Eと分けていた。

2006.11.17

ポンペン「C=E?どちらも女?」

幻聴「大したことしてねぇのに」

幻聴「訴えられるぞ」

幻聴「働け!」

ポンペン「そうだよね、まともな事言うじゃん」

幻聴「坊ちゃんの方がまだよかった」

幻聴「働くのは大人になってから」

幻聴「かわいそうに」

幻聴「素質がある」

ポンペン「?」

幻聴「夢の中では本当に頭がいい、子供の時から・・・」

幻聴「犬みたい」

ポンペン「犬はオナニーできないぞ、セックスは出来ても」

幻聴「働いたほうがいい」

ポンペン「当たり前だ」

自宅にて

2007.1.16

幻聴「本当のこと言うと甘える」

幻聴「気取り屋、「まぁね」」

幻聴「甘え「ママリン(笑)」」

幻聴「まぁいいや、が深いという甘え」

幻聴「「他人」、「ふつう」、「こんなもんか」、・・・まず甘えからと言う甘え」

幻聴「一体(精神的構造が)何層になるという甘え。」

幻聴「欠落感情、感情がこもってない」

幻聴「馬鹿!(反射的悪口が)低レベル」

幻聴「口達者?背伸びする」

幻聴「頭が子供」

幻聴「マンガバカ」

幻聴「心がこもってない、まぁいいか」

幻聴「勉強になるなぁ」

幻聴「低レベルな自信」

幻聴「御苦労さん→馬鹿にする」

幻聴「頭が狂っているという甘え」

幻聴「まだ他人という甘え」

幻聴「大丈夫さという甘え」

幻聴「命令口調(自分に対して)」

幻聴「サルだからしょうがないという甘え」

幻聴「どうしようもないという甘え」

幻聴「難しい」

幻聴「もう終り」

幻聴「すねる」

幻聴「眠い」

幻聴「まだハイハイしているという甘え」

幻聴「心大人、頭子供、まずあり得んという甘え」

幻聴「すいませんで済むという甘え」

幻聴「コントロールできないという甘え」

幻聴「先輩に対する甘え」

幻聴「他人に対して感情がない、甘え」

幻聴「うまいなぁ→馬鹿にしている」

幻聴「まずは表層部分からという甘え」

幻聴「2日で2層出来たという甘え」

幻聴「先ずムリという甘え」

幻聴「言ったのから書いていきゃいいか」

幻聴「案外深いぞという甘え」

幻聴「付け足しゃいいか」

幻聴「もぉー・・・~もか」

幻聴「共通しているという甘え」

幻聴「他人をけなすのがヤバイという甘え」

幻聴「かわいいと思っている」

幻聴「あー書いたぁ」

幻聴「たったこれだけで」

幻聴「もうないという甘え」

幻聴「他人の期待、甘え」

幻聴「とんでもないところへ来ちゃったなぁという甘え」

幻聴「しょうがないじゃん」

幻聴「また来た」

幻聴「他人の心を逆撫でる」

幻聴「音」

幻聴「光(人の顔、服装→仕方ない)」

幻聴「自分を信じない」

幻聴「人の言うことをそのまま信じる」

幻聴「しゃべり(おめー口調)」

幻聴「ナルシスト」

幻聴「自分を知る」

幻聴「もういやだ」

幻聴「書かなきゃ」

幻聴「何層あるんだ」

幻聴「本人」

幻聴「女」

幻聴「知ったかぶり」

幻聴「タバコ止める→ムリ」

幻聴「読む時はしゃべるのはしょうがないという甘え、そういう甘え」

幻聴「バカガキ」

幻聴「心も子供という甘え」

幻聴「頭いいという甘え」

幻聴「劣等感」

幻聴「アホ」

幻聴「強がり」

幻聴「疲れ(大して疲れてないのに)」

幻聴「()でとじる→気取り」

幻聴「何層にも関わっているという甘え」

幻聴「細かい」

幻聴「って言ってた?」

幻聴「壊れているからしょうがないという甘え」

幻聴「泣きそう、ひどい、キャン」

幻聴「まだまだだな」

幻聴「子供の脳だという甘え」

幻聴「字を書くなら丁寧に書け」

幻聴「集中しているという甘え」

幻聴「他人への礼儀」

幻聴「書いた書いたという甘え」

登山中

ポンペン「(女の子のイラストを思い出し)さすがのオレも恥ずかしい」

ポンペンが山の見晴らし台で一人ぶつぶつ言ってると

幻聴「ナルシスト」

ポンペン「まぁね」

ポンペン「(マンガを)セオリー通りに描くのはズルイ」

幻聴「よくそういうことが言えるね」

ポンペン(よく言われるので前後の言葉に注意)

登山中

2007.1.17

幻聴「子供すぎる」

幻聴「男?風俗行ってる。誰でも行けるんでしょ」

ポンペン「まぁねモテル人はいいね何もせんでも寄ってくるんだろせいぜい「けしょう」でもせっせとしてればいいだろ。オレもイラストでけしょうするけどな。帰ってゲームでも」

幻聴「ふつうの女はね」

ポンペン(こっちが正しい)

ポンペン「最高の女を求めるよ、そりゃ童貞は幻想を抱くよ長年やってればね」

ポンペン「心の牢獄(こうすればいいとわかっているのに周りの目や許されないだろうと思いこみ抜け出せない踏み込めない閉塞感がある。中程度の自閉症。意欲減衰)」

幻聴「食べ物の事で頭が一杯ということがわかった」

幻聴「子供でも分かるのに」

幻聴「お前・・・変(お前の絵も変)」

幻聴「そろそろ終わりだ」

幻聴「どうしてこんな事になったか考えてみろ」

幻聴「あの程度でマンガ描きたいの?」

幻聴「お前は動物、これでわからんなら」

幻聴「もう・・・嫌になってくる・・・苦労してやってきたのに。お前のせいだぞ」

幻聴「まだ終わってないぞ、わかってんのか?よかったね」

下山中

ポンペン「えた・ひにんの様に下の存在があって社会は成り立つんだよ」

幻聴「甘い」

幻聴「謝れ!!」

幻聴「もう少し勉強しろ」

幻聴「大したことじゃないのに・・・ガキだ」

幻聴「悪かったね」

ポンペン「↑別にそういうことではないといった感じで」

幻聴「勝った!」

幻聴「このままで済むと思うなよ」

幻聴「精神年齢が若い」

ポンペン「別にいいじゃん。が最近の口グセ、自閉の壁は厚いも前の口グセ」

幻聴「かわいそう・・・何にも知らないのね」

幻聴「わかったよ、お前が何にも知らないってことがな」

ポンペン「以下幻聴主はほぼA」

幻聴「謝れ。訴えるぞ。謝りゃそれで済むと思ってる→これが子供か」

ポンペン「まぁでも、なぜ↑のような事を言うのかオレにもわかるように説明してごらんよ。(と言いたい)まず、何が原因で何が気に喰わないとか」

幻聴「気持ち悪いってーのは本当だ」

ポンペン「夢の中ではオレは全ての人に謝ろうとしている(らしい)」

幻聴「もう少し大人になってから・・・はーと←いらない」

幻聴「もう大人だよ・・・」

ポンペン「どうも自分の見る夢の内容と超意識(?!)に対して言おうとしているらしい。と感じる。」

幻聴「もう行こうぜ、いいだろ・・・」

ポンペン「イメージを伝えられる?」

幻聴「このままだと大人になる・・・」

ポンペン「疲れる・・・」

ポンペン「しかしもしこの人が冗談ではなく言っているのだとしたら笑ったりできないハズだ。この人の熱さは本物かもしれない。←語弊がある、俗なものではなく」

幻聴「まだ知らないから・・・」

幻聴「わかったら耐え切れなくなるよ・・・」

幻聴「ある意味ね・・・」

ポンペン「もういいだろ今日はこの辺で」

幻聴「まぁ書いた方がわかりやすいかもね」

幻聴「良かったよ、大した奴じゃなくて・・・」

ポンペン「投げやりだな」

ポンペン「どうも夢の中や超意識で俺は(今の価値観では)ろくでもないことをされている気がする。」

ポンペン「よくわからない「足し算(?!)をすれ」と寝る時に一瞬見た」

ポンペン「それを知ることで何になるのか、オレとお前の脳がつながっている」

ポンペン「何だ、周波数(アバウトだな)だろ。音波と光の中間か?」

帰り道車の中で

ポンペン「オレの知らなかった入出力があるんだなぁ・・・あるのかな・・・ついてるの脳かな・・・?」

幻聴「脳だ!!」

ポンペン「脳なのか・・・」

ポンペン「超意識としか言いようがない・・・オレはね・・・」

幻聴「もっと勉強しなさい」

幻聴「不良だ!!」

ポンペン「超意識の中ではいじめられてる」

ポンペン「以前、のび太ジャイアンに例えられたことがあったな」

ポンペン「これって科学的に解明されてんのかな・・・?答えてくんないかな」

幻聴「甘え」

ポンペン「こんなこと続けてていいのかな・・・仕事しなきゃあ・・・」

ポンペン「我慢すると甘えが出る、よりかかろうとしても甘えがでる。まぁ強いやつは知らん」

ポンペン「その中で気持ち悪い絵の具をぐちゃぐちゃに混ぜたようなモノが出来てくる。ガマンすると耐えきれないモノが出てくる。それを別のモノで解消しようとすると変なモノが出てくる。ソレを解消しようとすると変なモノができる。性欲・・・」