ポンペンの絵日記

病識がありませんが、おそらく奇異な言動をつづります。異色です。

ポンペンの作った3Dデータを購入する:建物

↑無料です、気が向いたらどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

↑ポチしてくれると励みになります。

幻聴が聴こえたら思うこと

おはようございます。ポンペンです。

{img:289.jpg}

↑昨日書いたヤツ

「お前の○○(よくやっているテレビゲームのキャラクタの名前)、雑魚なの」

と幻聴が聴こえました。

気分転換、暇潰しにやっていたものを卑下するような言い方でした。

この幻聴が聴こえたのは自分の住んでいる場所の近所ではありませんでした。

幻聴が当てずっぽうなのを聴いて、あきれました。

話に整合性が無いんですよね。

ただ、相手を苛められるから言葉を浴びせるとか、相手の気分を悪くさせることが出来るから言葉を発するとか、他者が言っているのを真似るとか、そういうものなんですよねぇ。

まるで暇な学生が、苛めることにアイデンティティを感じ、他者を陥れるような、感じ?

それだけなんですよね。(数人によるテキトーな言葉によって構成されるテキトーな観念的なものにすぎないんですよね。)

なんか聴こえてくるのですが、自分の生活には、全く関係ない。

ただ、少しいかれているのがいるんですよね。

そういうのは「面白い」とか「大したことねぇ」とか「殺せる」とか言いますが、ただ相手の気分を害するために思い込んで(意図的に)言っているだけなんですよねぇ。

まだ獣と変わらない感じなんですよね。

思い込みの(虚構の)世界の中で「殺してやる」とか言うんですよねぇ・・・(汗)

そして何故か住んでいる所の近所にいる時の幻聴の方がポンペンに詳しいんですよねぇ。

これでは益々他者が幻聴を発していると思い込んでしまいますね。

幻聴は甘えや妄想に付け込んで、忍び寄ってくるんですよねぇ。

ポンペンの場合は「才能がある」とかですかね。

「明確化出来ない才能って一体・・・?そもそも才能って先天的なものだろ・・・?」とポンペンでも突っ込んでしまうんですよね。

それが、段々と言葉遊びになるんでしょう。

ポンペンは1日10時間を超す感じですね。

起きてから寝るまでの間殆ど言葉遊びをします。

ポンペンの相手は暇なんでしょうかねぇ?

ポンペンは今でも思う時がありますからね、才能無いのに有名になる、とか。

以上ポンペンの妄想でした。