ポンペンの絵日記

病識がありませんが、おそらく奇異な言動をつづります。異色です。

ポンペンの作った3Dデータを購入する:建物

↑無料です、気が向いたらどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

↑ポチしてくれると励みになります。

言葉のあや

おはようございます。ポンペンです。

唐突ですが、

「天才」

っていう言葉ありますよね。

最近幻聴がやれ「天才だ」とか聴こえるんですが、

この言葉の意味を考えると、

何故かポンペンは「出来ないことを無理してやろうとする人」

をイメージしますね。

基本が無いのに何故か高レベルの事を真似する人みたいな。

この辺は他者の客観性も出てくるとは思うんですが。

まぁ他者にとっての主観性というんでしょうか。

もちろん本当の意味での天才という人はいるんでしょうけど。

幻聴でも「天才だ」って言ってくれると悪い気はしませんけどね。

でも創造性において、需要がないものなんて有り得るんでしょうかね。

積み上げていった末、完成した創造性、とイキナリ真似をしだしたもの、とは違うと思うんですよね。

部屋の片隅で何か独り言を言っているようなポンペンですね。

以上酔ったポンペンが書いた戯言でした。