読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンペンの絵日記

病識がありませんが、おそらく奇異な言動をつづります。異色です。

ポンペンの作った3Dデータを購入する:建物

↑無料です、気が向いたらどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

↑ポチしてくれると励みになります。

比較の罠。

f:id:ponpen:20161002171632p:plain

この世は偽りだらけだ。
化粧、フォトショップで加工・・・
10代の少女はその画像を雑誌等で見て劣等感を感じている・・・
「今日はバッチリ決まった」
と思いながら、自信満々だとする。
それなのにエレベーター等で物凄いスタイルの良い美形がいると、
少女は枕を涙で濡らすらしい。

なんて繊細なんだ。信じられない。
上記は心理学の本から得た情報なんだが、
統合失調症の妄想にも比較の罠が隠されているような気がする。
ポンペンの場合は昔はありのままを見ていた。
テレビで見る色とりどりで華やかな世界にいるソイツは個人の力だけでやっているのだ。
それなのにオレはAVを見ながらマスをかいているしかないのか・・・?
と本気でその画面にしか表示されていない情報で思っていた。
バイバイバイバイバイバイバイバイバイバイ
それは不味い。危険。勘違い。
と言うかダブルモニタの時点でヤバイ
・・・それは関係ない。それだったら今はトリプルモニタだ。
今一番ヤバイのはコーラゼロのボトルを倒してこぼれた事だ(実話)
まぁそれは書くことないのだが、
比較の罠と言うのは10代20代の若者にとってあることだと思う。