ポンペンの絵日記

病識がありませんが、おそらく奇異な言動をつづります。異色です。

ポンペンの作った3Dデータを購入する:建物

↑無料です、気が向いたらどうぞ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

↑ポチしてくれると励みになります。

昨日の日記。

昨日の別PCで書いた日記の内容です。

----------------------------------------------------------
「小学生と同じくらいの頭」という幻聴があったが、
不特定多数の平均的な小学生と同じくらいの頭というのがポンペンだと思ったが、
小学生=ポンペンとオレが同じという確率がある。
更に本の作者がポンペンと同じと言う確率も少なからずある。
以下に具体的な文章と考察を書く
トリック183ページ
「下位文化に完全に浸りきっている時にはその情報コードは一貫性を持って
意味のあるものに感じられるが一旦それ以外の社会に適応しようとすると
情報操作された自分とのギャップに直面する事になる。」
まさにコレであって、自分の中で情報コードが固定化していて、下位文化の情報コードと言うものが
社会に通用すると思い込んでいる相手だと、
やれやれ困ったもんだと言う事になる。言ってることを曲解して理解していると言う事だし、
それ以外の社会には通用しないと言う事が本当にわかっているのか曖昧になる。
それがある意味情報に対する返報性を持ってやり返されていると言う事なのだろうか。
しかし、下位文化(まぁこの時期の言い方であって今はサブカルチャーと言うと思うが)
に浸ると言うのは現実社会において時間の無駄であり(今は)、建設的とはいえない。
下位文化にいる人間ならわかるが、下位文化に浸り情報コードを頑なに守ると言うのは
非生産的で愚かな行動としか言いようがない。
無論この人の中にとっては価値が社会と下位社会が逆になることもありえるわけで、本当に困った人なのだ。
サブカルを通して独自と言ったらいいのかわからない自己の世界を築く人が
統合失調症である可能性が高い。要は妄想のこと。
------------------------------------------------------------
まぁ言ってることは基本的な事なんですが、
一見いっちゃってる感じですよね。